ネット通信料金を安くしたいならプロバイダ乗り換えを検討しないと

MVNOって何のことだか知っていますか。

このMVNOは低価格でスマートフォンが利用出来る格安通信機器が登場した影の立役者なんです。

MVNOの方が大元の大手キャリアより通信サービス料金が安いのは不思議ですが、自社設備が不要なことがりゆうらしい。

格安通信機器に乗り換えるりゆうは通信料金が安くなるからですがメリットはこれだけではありません。

大手キャリアの通信機器だと「2年縛り」があるので通信会社や端末の変更は自由が聴きませんが、格安通信機器なら「縛り」がないことが多いのでいつサービスや端末を変更しても追加コストはかかりません。

これらのメリットは新たなサービスや新端末が次々に登場する通信機器にはありがたいですね。

高額の通信機器料金を減額できると話題の格安通信機器をご存じですか。

NTTドコモなどの大手キャリアなら月額6千円以上が普通のスマートフォン月額料金ですが、格安通信機器に乗り換えるとおよそ月額3千円程度に安く出来るという声を聞きます。

格安通信機器がこれほど料金が安くできるりゆうは、大手キャリアのMVNOを利用した格安SIMの採用と、中古通信機器や海外製の安価なSIMフリースマートフォンを組み合わせているからです。

格安通信機器を入手するには二つの方法があります。

ひとつは量販店など格安通信機器を取り扱っている店頭で購入する方法、もうひとつは多くの業者が対応しているネット販売を利用する方法です。

あまりウェブに慣れていない方や簡単に購入したい方は店頭販売を選ぶといいでしょう。

多くの機種を比較したり自分の使い方に合ったサービスを比較検討して選ぶならインターネット購入が適しています。

おとくなMVNOはWEBだけで購入できる場合が多いのです。

MVNOのSIMとSIMフリースマートフォンを組み合わせて”格安通信機器”を始めたイオンは初見込み通り50代以上の世代や主婦層に認められ販売が好調で更に新しい層への事業拡大を進めている。

今話題の格安通信機器に乗り換えて、通信料金を安くしようと思っているけれど、今使っている大手キャリアの電話番号が変わるのは嫌だからと乗り換えを躊躇していませんか。

実は格安通信機器でもMNP(携帯番号ポートビリティ)に対応しているので、MNPを利用すると大手キャリアから格安通信機器に乗り換えても今の電話番号がそのまま使えます。

格安SIM・格安通信機器を提供する会社は選ぶのに困るほど増えています。

各社の通信速度のスペックを比較すると下り「最大150Mbps」とほぼ横並びとなっています。

ところが、雑誌記事などを調べると実際の通信速度には、実測で10倍以上の差があるようです。

各MVNOが自社で運用している通信設備や利用している回線帯域が異なることと各社のユーザー数が異なることが原因なのです。

どの格安通信機器を選ぶが決めるときは、通信速度などのスペックだけでなくネットなどから最新の情報を調べた方がいいですね。

「SIMフリー」って聞いた事がありますね。

スマートフォンや携帯電話にはID番号が記録されたSIMカードが必要で、一般的には大手携帯電話会社と契約すると携帯電話1台につき、一枚貸し出されるものです。

大手キャリアが貸し出すスマートフォンや携帯電話は自社のSIMカードだけが使えるように「SIMロック」されているのが普通。

それに対し、SIMロック機能を外したものを「SIMフリー」と呼びます。

格安通信機器は「格安SIM」とSIMロックがかかっていないSIMフリー通信機器を組み合わせるのが一般的です。

肝心のSIMフリー通信機器ですが国内むけ機種はなく外国製通信機器がほとんどです。

WEBショップだけでなく大手量販店でもSIMフリー通信機器が販売され始めたのでこれまでよりは入手しやすくはなったのですが、なじみのある国内むけスマートフォンを利用したいという人もいます。

私も御友達に教えてもらったのですが、国内むけの中古通信機器も「格安SIM」と組み合わせて利用出来る場合があります。

たとえばNTTドコモのMVNOであるIIJや日本通信なら、ドコモで使われていた中古通信機器が利用出来る場合があります。

NTTドコモは60歳以上の携帯電話利用者を対象にスマートフォンへの乗り換えと同時に指定の契約プランに加入すると、最大2年間毎月の基本料金を1
520円割引する「シニア初めて通信機器割」特典が受けられるキャンペーンを実施します。

プロバイダの真実がわかる>>>プロバイダ 乗り換え キャンペーン