スマホを使いすぎて通信費用が高額になり家計を圧迫する事があります

大手キャリアのスマホなら月額6千円以上が普通ですが、格安スマホに乗り換えると月額3千円程度に安くなると言うのです。

モバイル端末で月額料金がお安くなるのは、大手キャリアから回線を借りている仮想移動体通信事業者(MVNO)を利用した格安プロバイダの採用と、海外製の安価なモバイルフリー機器や中古スマホを組み合わせているからです。

モバイル端末のメリットは何と言っても月額料金が安くなることですがそれだけではないのです。

大手通信会社のスマホだと「2年縛り」があるので通信会社や端末を自分の好きなタイミングで変更すると高価な解約費用が必要ですが、モバイル端末なら「縛り」がないことが多い為いつサービスや端末を変更しても追加コストはかかりません。

MVNOのSIMとフレッツ光スマートフォンを組み合わせて”格安スマホ”を初めたイオンはスマートフォンを持たない高齢者や主婦層への売り込みをを目論み、好調に売り上げを伸ばしている。

最近「フレッツ光」という言葉をよくききます。

スマートフォンや携帯電話にはID番号が記録されたSIMカードが必要で、一般的には大手携帯電話会社と契約すると携帯電話1台につき、一枚貸し出されるものです。

一方、他社SIMカードでも使えるようにSIMロック機能を外したものを「フレッツ光」と呼びます。

ただしモバイルフリー機器であっても、使えないキャリアや通信方式があることに注意が必要です。

モバイル端末はSIMロックがかかっていないいわゆるフレッツ光スマホを使うのが一般的です。

ただフレッツ光スマホは国産機種はあまりなく海外製品がほとんどです。

WEBショップだけでなく大手量販店でもモバイルフリー機器が販売され初めたのでこれまでよりは入手しやすくはなったのですが、使い勝手の良い国産スマホを使いたいと言う方は少なくありません。

意外に知られていないのですが、国内向けの中古スマホであっても「格安プロバイダ」と組み合わせモバイル端末として利用できる場合があります。

例えばNTTドコモのMVNOであるIIJや日本通信なら、ドコモで使われていた中古スマホが利用できる場合があります。

モバイル端末を手に入れるには大聞く分けて2種類の方法があります。

ひとつは量販店などモバイル端末を取り扱っている店頭で購入する方法、もうひとつは多くの業者が対応しているネット販売を利用する方法です。

販売員の説明をききたい方やWEB購入に不安がある方は店頭販売がお薦め。

多くの機種を比較したり自分の使い方に合ったサービスを比較検討して選ぶならインターネット購入が適しています。

お得なMVNOはWEBだけで購入できる場合が多いのです。

MVNOって聞いたことがあると思います。

実はMVNOは今話題のモバイル端末が登場した立役者なんです。

MVNOは日本語で書くと仮想移動体通信事業者と言う意味で、大手の携帯電話会社やPHS会社から無線設備を借りて自社ブランドで通信サービスを提供している事業者のこと。

MVNOの方が大元の大手キャリアより通信サービス料金が安いのは不思議ですが、自社設備が不要なことが理由らしい。

月額料金が安くなると言うモバイル端末に変更しようと思っているけれど、今使っている大手キャリアの電話番号が変わるのは困ると乗り換えを諦めていませんか。

そんな心配は無用で、モバイル端末でも携帯番号ポートビリティ(MNP)に対応しているため、モバイル端末に乗り換えても今使っている携帯電話番号をそのまま使えます。

プロバイダ料金選びの決め手はこのサイト–>フレッツ光西日本 プロバイダ 選び